休校措置に延長の可能性が高まってきました

時事

こんにちは。成桜まなび塾室長の上田です。
天気がいいのに外に出にくい、そんな日が続いております。ずっと家の中にいますと、気持ちが重くなり、体も何となく調子悪く感じてしまいます。私自身も人の多いところは当然避けるようにしていますが、やはり体を動かさないと体調が悪くなりますので、犬の散歩に出て少しでも歩くようにしています。教室がありますゆりのき台は、少し歩くと新川があり自然豊かな環境です。田んぼに水が入るとオタマジャクシなどが見られ、晴れた日に散歩すると本当に気持ちが良いところです。早く、気兼ねなく外に出たいですね。

休校措置延長を決定する県が出ました

さて、先日テレビでニュースを見ていましたら、愛知県の大村秀章知事が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月6日までとしていた県立高校の臨時休校措置期間を5月末まで延長すると発表されたという事を見ました。正直、思いのほか早かったなという印象で、遅かれ早かれ休校措置を伸びるだろうと思っていました。そして、一つの県でこのような決断をされたという事は、他の県も追随して延長するだろうなと予想しております。当然、ゴールデンウィークが開けるまでに状況が好転して、やっぱり5月7日から学校再開しますとなることを望みますが、現状としては明るい判断材料が内容ですので難しいでしょう。
教室があります八千代市のホームページを見ていましたら、八千代市における新型コロナウイルス感染者の発生状況は12例だそうで、まだ少ない状況だという事です。

提出するべき課題が追加されるでしょう

そうしますと各自が家庭の中で進めなければならない課題も追加されるという事になります。時間があるからこそ後でやろうといって課題に手を付けてない生徒が多いかと思います。夏休みの宿題も、計画を立てて進められること、後回しにして8月の終わりに慌ててやりだす子がいるのと同じように、今回の休校期間に出された課題も後回しにしている子がいることでしょう。ですが、今回の休校期間はいつまでになるのか不透明ですので、やるべきことをしっかり進めておかないと、消化しきれないほどたまってしまうかもしれません。

教室に通っている萱田小学校や萱田南小学校、萱田中学校や睦中学校などを見ていますと、しっかり課題を出しているようですので、休校措置が延長されればおそらくさらなる課題が出されるはずです。

今からでもまだ遅くありませんので、学校から出されている課題にはしっかり取り組むようにしましょう。そして、学校が再開されるその日まで健康的に過ごしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました