年末に向けて

学習
教室内風景

教室内風景

年末に向けて

冬休み

先日、新型コロナウイルス感染症対策の年末年始休暇の分散化という話があがりました。そしてこれを受けて萩生田光一文部科学相の方から学校に対して冬休みの延長や分散を一律で求めない考えであり、「教育委員会などが適切に判断すべきだ」との発表をしました。いまだ収束のめどが立たず、まだまだ予断を許さない状況ですので、これからやってくる冬休みは正直どうなるか予想がつきません。万一、感染が拡大し再度の緊急事態宣言とでもなってしまえば、例年通りの冬期講習などは難しくなることでしょう。

学校授業の現状は

萩生田光一文部科学相のお話では、春の一斉休校の影響で授業時間が足りずに現在も放課後に補習をしている学校もあるとのことです。八千代中央 ゆりのき台 近くの萱田小学校や萱田南小学校などは、特別な補講等は無いようですが、同じ学年でも学習の進捗には大きな差が出ているようにみえ、進んでいる教科と遅れている教科がそれぞれあるように思えます。ただ、慌てて進めている感がぬぐえませんので、子供たちの学習理解度は今一つです。

現在の塾の役割

今年は特に学習の抜けが怖い年です。十分な演習を積まずに先へ進めている現状、子供たちが学習内容をしっかり理解できているかどうかのチェックがとても大切です。きめ細かな指導を通し、何が理解できていないのかを随時把握して対応する必要があります。

コロナ収束後に生まれるであろう大きな差

来年、もしくは再来年にはコロナが収束するとして、その後に生まれるであろう大きな差を制するためにも今しっかり学習を積む必要があります。これはコロナ禍でなくても当然言える事なのですが、2年、3年後を見据えた学習をしっかり意識して取り組む必要があります。小学生のお子さんをお持ちのご家庭では特にそこを意識して過ごされますようお願いいたします。

変わらぬ年末年始を

現状を見ていますと、急に収束するという事はまずないでしょうから、とにかくこれ以上拡大が進むことなく乗り切れたらと思います。いまだ身近な人での感染者はいませんが、いつ自分が感染者もしくは関係者になるかはわかりません。可能なのは、予防への意識をしっかり持ち続けることですね。願わくば、このまま年末年始を乗り切り、来年の高校受験を迎えられたらと思っています。

 

室長からの一言

この間お問い合わせいただいた保護者様から、「中学校受験を考えていないのですが、学習指導を見ていただけますか?」というお話を受けました。成桜まなび塾では、中学受験生よりもむしろ進学目的の基礎定着から思考力を養う目的の学習指導に力を入れております。小学生の指導は1年生から6年生まで自信をもって指導しておりますので、ぜひ教室に一度お越しください。

体験学習 入会者 募集中  小学生会員強化月間

一人ひとり丁寧に 徹底した個別指導で生徒のやる気を引き出します
成桜まなび塾
室長 上田佳弘
住所 〒276-0042 千葉県 八千代市 ゆりのき台 5-25-11
電話番号 047-480-1074
E-mail yoshihiro@kidscollege.jp
萱田小学校 から ゆりのき台 の大通りを挟んだ向かい側  萱田中学校からもすぐです
最寄り駅 東葉高速鉄道 八千代中央駅
営業時間 10:00〜21:00 (火~金) 9:00~19:00(土)

タイトルとURLをコピーしました