休校措置延長が5月31日までに

時事

こんにちは。成桜まなび塾室長の上田です。
一昨日の4月28日付けで八千代市の公立中学校や小学校の休校期間が5月31日までに延長されました。先週の記事にて、先に決定されていた愛知県に続いてきっと延長されるだろうという内容をお伝えしておりましたが、思いのほか早くに決断されたという印象です。下手をするとゴールデンウィーク中に通知があるのではないかとも思っていましたので。教室前の萱田小学校や萱田南小学校、また萱田中学校なども軒並み休校期間が延びてしまいました。子供たちに話を聞いてみると、休みに飽きたという子もいれば意外と気にしていない子もいるようです。

さて、こうなると休校期間の過ごし方の重要度がさらに増してきたと言えます。昨日あたりから、学年の始まりを9月にという話が方々から上がってきていますが、これもまだどうなるか全くわかりません。仮に9月からになったとして、この期間の扱いがどうなるのかも全くの不透明です。ですが、9月から仕切り直しにしろ、休校明けの6月から補講などで学習をカバーするにしろ、準備しておくに越したことはありません。どういった対応に決まろうと、今やれることをしっかりやっておくことが大切だと思います。
そのためにも、先の記事であげました課題はしっかりやっておきましょう。そして、おそらくゴールデンウィーク明けに追加の課題が出されるでしょうから、5月6日のゴールデンウィーク最終日までには今出されている課題はしっかり終わらせるように頑張ってください。

学校再開の指針は明日(5月1日)をめどに文科省が指針を示すようです。いろいろな案が出ているようで、小学校1年生と6年生、中学校3年生が先行して再開されるといった案もあるようです。また、全国一斉になるのか、段階を踏んで地域ごとに再開されるのか、そういった話が少しでも出ればいいですね。

タイトルとURLをコピーしました