ゴールデンウィークが明けました

学習

 

こんにちは。成桜まなび塾室長の上田です。
我慢が続く中のゴールデンウィークが明けました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
本日より日常が再開!とはいかずに、教室があります千葉県の八千代市はいまだに自粛が続いております。教室前の萱田小学校なども、例年であれば学校生活に慣れてきた新一年生の元気な声が聞こえてくるのですが、今年はとても静かです。

新たなる課題が

やはりというか当然といいますか、萱田小学校や萱田南小学校では来週の月曜日に登校日が設定されており、新しい課題が配られるようです。萱田中学校でも、翌日の火曜日に分散で登校し、やはり課題が出される見込みです。課題提出の重要性は先の記事でも述べた通りです。しかも、学校の授業がまともにできていない状況ですので、より課題の重要性は増していると言えるでしょう。今からでもまだ間に合いますので、4月分の課題が終わっていない子は速やかに終わらせる努力をしましょう。

定期試験の時期

例年であれば、ゴールデンウィークが終わるとすぐに定期試験対策期間が始まり、中学1年生は初めての定期試験を迎える準備に入ります。成桜では、毎日2時間から3時間の定期試験指導を行い、中間テストや期末テストに向けてみっちりと学習指導を行っています。そのため、定期試験前の学習量は非常に大きいものとなるのですが、今年の5月はそれが出来ないので非常に厳しいです。中間テストの予定は今のところありませんが、今できることを一つでも多く取り組みましょう。

今後について

5月に解除される予定の緊急事態宣言が延長され、学校の休校も5月末まで延びました。そして、毎日のニュースを見ていますと、6月からの再開も現実的ではないなという感じを受けます。しかし、一方で学校再開の県もあるようですので、ますます9月スタートは難しくなったのではないかと思います。どういった決定になるかまだまだ分かりませんが、一番影響を受けるのは学びの場を失っている子供たちです。成桜まなび塾としては、塾としてできることを最大限生徒にしていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました